【十条グルメ】ニンニクたっぷりからし焼きが美味しい(味の大番、とん八)

「十条」安くて美味いものが集う街

JR新宿駅から埼京線で3駅と都心から近いのにも関わらず、いまだ商店街にたくさんの人々が集まり活気のある町です。

そんな十条のソウルフード「からし焼き」を食べてきました。

 

 

十条駅改札から歩いて5分程で到着しました。

 

味の大番(十条)

 

店内

店内は何だか懐かしさを感じる雰囲気ですが、テーブル回りや床などは清潔感があり好印象です。

そして、メニューを見ていくとサバの味噌煮定食(500円)アジフライ定食(570円)など500円台で食べられるリーズナブルな定食もあります。

 

 

「おしたし」や「やっこ」といったメニューの書き方も何だか心地よいです。

 

 

早速からし焼き定食(850円)と大ビン(650円)を注文

 

瓶ビールはサッポロ黒ラベル

すぐにサッポロ黒ラベルが大ビンが運ばれてきました。

 

飲みながら待っていると5分ほどで来ました。

 

からし焼き定食(850円)

 

1丁以上はあろうかという大量の豆腐と豚バラ肉を炒めたものが甘辛く煮込まれており大量のネギとキュウリが添えられています。

 

 

味付けは甘いんですが、唐辛子がピリリと効いており食べているとじんわりと汗ばんできます。

味が染み込んだ豆腐美味です。

 

 

ビールとからし焼きを堪能した後は、ご飯と一緒に食べます。

白米の上にバラ肉をライドオン

甘辛い豚バラ肉がご飯と合わないわけありません。

相性ばっちりです。

 

 

食べ進めていくとニンニクの塊が出てきました。

からし焼きの発祥と言われている「東十条のとん八」と違うのはとん八はすったニンニクであるのに対して「味の大番」は丸ごとのニンニクが入っているのも違いの一つらしいです。

 

 

箸休めのキュウリとナスの糠漬け

甘い味付けの途中で食べるといい箸休めになります。

合計1500円

からし焼きご飯共にボリュームが有りお腹いっぱいとなりました。再訪したいお店です。

 

店舗情報(味の大番)

住所:東京都北区上十条2-11-10(十条駅北口徒歩5分)

営業時間:11:00〜14:30 17:00〜22:00(水曜定休日)

 

 

 

とん八(東十条)

 

元祖のからし焼きがある「とん八」は京浜東北線の東十条駅にあります。

 

こちらも駅改札から徒歩5分ほどです。

 

からし焼き定食は無いので1150円分注文

 

とん八は、定食はないためご飯やみそ汁など個別で注文する必要があります。

 

からし焼き(750円)+お新香(200円)+ライス中(200円)

合計で1150円です。

みそ汁が50円でしたが塩分が気になるため、今回は注文しませんでした。

大番と同じ構成にすると1200円になってしまいちょっと高い印象を受けます。

また、大ビンのビールは大番と同じくサッポロ黒ラベルの様でした。

食事のあとに予定があったため注文しませんでしたが値段は700円でした。

なので、大番とまったく同じように注文すると1900円と400円ほど高くなってしまうようです。

 

からし焼き単品(750円)

量に関しては、かなりボリューミーです。

何だかこうやって見ると見た目マーボー豆腐のように見えますね(笑)

大番と比べると見た目的には豆腐が細かく切られています。

味付けは大番よりもしょっぱく、甘さは控えめなように感じました。

お新香(200円)

キュウリ・大根・人参・ナスのお新香

からし焼きは甘みが強いので、塩っ気が欲しくなると思い注文しました。

店内はテーブル席はなくカウンターのみでした。

 

店舗情報(とん八)

住所:東京都北区東十条3-17-9

営業時間:11:30~14:00 17:00~20:00(木曜定休日)

 

まとめ

からし焼きは、ビールにもご飯にも合う逸品でした。

そして、一度その味を知ってしまうと無性にまた食べたくなってしまう中毒性のある危険な食べ物でもありました。(笑)

暑い夏のスタミナ付けに、寒い冬に温まるために、オールシーズンおススメの一品ですので皆様も是非機会があれば訪れてみてはいかがでしょうか

 

 

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*